【ツクールMV/MZ】自作「数値入力の処理」つくってみた話

ツクール

自作で「数値入力の処理」つくってみた話を書いておきます。

 

↓こちらで遊べます↓
https://plicy.net/GamePlay/137062

そもそも「数値入力の処理」とは?

プレイヤーが任意の数値を入力し、変数に反映させるものです。
パスワードを入力させて何かを解除したり、
簡易的なお店システムの作成などに使えそうな仕組みです。

▲ツクールMZでの「数値入力の処理」

デフォルトの機能のままでは下記の課題がありました。

  • 表示位置を簡単に調整できない(やり方あるかもですが…)
  • 初期のフォーカスが一番大きいケタになる
    • フォーカス位置を簡単に調整できない(やり方あるかもですが…)
    • 一の位から入力させることが多い場合に少し不便
  • 9に1加算したときに、次の位に繰り上がらない
    • (これは好みかな…)

そして、今回作ったゲームは数値の入力がメインとなるものでしたので、
思い切って自作に踏み切りました。

実際に作ってみた

作りたい「数値入力の処理」の要件

  • デフォルトの数値入力の処理と同じ機能を再現する
  • 最初に入力させたいケタをフォーカスさせる
  • ピクチャー直接タッチでも、キーでも入力できるようにする

0)まず、準備としてトリアコンタン様の「ピクチャのボタン化」プラグインを利用します。
詳しくはこちら↓

ピクチャのボタン化プラグイン
ライトノベル,青春,恋愛,RPGツクール,RPGツクールMV,ツクールMVプラグイン

1)コモンイベントで、表示する各種ボタンを登録します。
このあとの3)~5)の処理を各画像に登録しています。


※後半は割愛

2)自作処理を呼び出すときのコモンイベントを作っておきます。
数値を初期化したりしていますね。

3)一の位と十の位をクリックした際の処理を作ります。
クリックした方がフォーカスされるようスイッチのON/OFFを切り替えています。

4)↑↓操作した場合の処理を書きます。
ここで、入れたかった繰り上がりの処理も入れ込んでいます。

5)チェック(決定)時の処理です。
ここで、一の位と十の位それぞれに入力された数値を組み合わせて、
最終的に入力された数値を計算しています。

おわりに

タッチでもキーでも操作できる、使い勝手の良いものが作れたと思います。
入力された時の反応として、押し込まれた際の画像を表示して、
手ごたえが出るようにもうまくできました。
(画像を用意してくださったAnnyさんに感謝!)

参考になりましたら幸いです。

コメント